本文へ移動

郷土への『おもいのたけ』

 
郷土への想いを『かたち』に…
 
日々の生活や事業活動の中で感じた雑感やおもいを、気ままに随時更新していきます。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

冬の始…。

2017-11-20
冬期通行止
雪の峠道
残る紅葉の山あいの峠道も雪に覆われた。例年より早く雪が積もった。
「この冬は大雪になるろかね。」「初雪がはえい(早い)と大したことねぇろ。」「いんや、いっぺ降るみてらろ。」そんな会話が急に増えはじめた。そして、山を越え地域を結ぶ峠の道も冬の支度を行った。峠の入口で「冬期通行止」の看板を建てながら、ひと足早い冬の始を実感した。

オレらがやらんば!みんなでがんばらんば!

2017-11-09
ロータリーとドーザ
除雪学習会
「立冬」も過ぎ、ひと雨ごとに冬に向かっていく。冬支度を整える頃になった。木枯らしが舞い、雪が降り積もる冬を迎える。
冬の郷土の生活を守る仕事に道路除雪がある。朝、除雪が終わった生活道路は「あたり前」の現代。深夜早朝から我々の道路除雪は始まる。郷土の安心安全な暮らしのために「オレらがやらんば!」「皆でがんばらんば!」と雪に備える。
土木行政の手伝いで貴重な機会をもらった。『 みんなの土木教室 “除雪学習会” 』。未来の郷土のために我々の想いをつなぎたい!>>>>> To The Future! >>>>>
 

山装ふ…銘菓「山乃ほまれ」。

2017-11-01
糸魚川銘菓「山乃ほまれ」
庭先で空を仰ぐ
「山装う」日本語の季節感の豊かさを感じる、そんな晩秋の11月になった。ふと庭先で空を仰ぐと、ひとあし早い冬の花がひとつ。つかの間の朝の時間を過ごす。
先月の休日に訪れた糸魚川で土産に買った「山乃ほまれ」。富士におとらぬ…御風先生かぁ。山のように志を高く強く持ちたいとその銘菓の名に心を熱くした。
さあ、11月だ。今年も残すところ2ヶ月。社員一人ひとり、誰もが感じていることだ。これから迎える郷土の冬に向け、一歩一歩山の頂を目指すように、一日一日しっかりと的を絞り、「きょうも一日、ガンバロー!」11月のスタートをきった。
 

力を合わせ、技を磨く。

2017-10-13
伝える技
庭先の金木犀
秋の日の午後。雲がきれ、晴れ間がのぞいた。金木犀の咲く庭先に先輩から後輩へコンクリートの仕上げ方を教える姿があった。
駐車場のコンクリート工事。天気予報を気にしながら、昼前からコンクリートを打ちはじめた。コンクリートの表面を押え、均一に仕上げていく作業は、腕の見せ所だ。職人気質のO先輩が「こうするんだて」、後輩のSさんは「はい!こうですか!?」と。その二人を見ながら、黙々と仕事を進めるWさんの距離感がまた絶妙だ。きっと心の中で「ガンバレよ」とSさんを応援しているに違いない。見事に仕上がり、徐々に強く固まっていくコンクリートのように、力を合わせながら技を磨き、郷土の未来を支えてほしいと思う。

郷土を守る架け橋…。

2017-09-22
う回用仮橋と旧橋
現場とコスモス
黒川に架かった2つの橋。よく晴れた秋空の下、傍らのコスモスが風に揺れる。
ひと回り小さい七日市橋(旧橋)の撤去作業に着手した。河川改修事業に伴う橋梁架替えのためである。昭和の先達が汗を流し、当時の想いが沁みこむ旧橋。何よりも長い間、地域をつなぎ、寄り添い見守り続けてきた。そして、より永く郷土を守る架け橋として「七日市橋」は生まれかわる。
我々もまた、郷土に寄り添い、郷土を守る想いを安全に安心できる仕事で『かたち』にしていきたい。旧橋撤去の現場で、その想いがふとこみ上げてきた。
TOPへ戻る